最大の欠点はiPhoneとAndroidの違いだ

 Xperia Ear Duoには、独自のヘッドジェスチャー機能が搭載されていて、頭を振ると曲をスキップしたり電話に応答したりできる。僕は肩こりで首を回す癖があるためにどうしても意図せず曲が飛んでしまうため、この機能をオフにしたが、便利な機能だと思う。

 また、周囲の環境に合わせて自動でボリュームを調整する「アクティブボリュームコントロール」は、移動中にはかなり快適。トイレを流すだけで音量が変わるのには、そこまでしてくれなくてもいいと笑ってしまったが……。

 天気予報を知らせてくれたり受信したメールを読み上げる機能も非常に便利だ。また、LINEの音声アシスタント「Clova」に対応しており、LINEの通知を読み上げたり、音声だけでメッセージを送信したりできるのは素晴らしい。しばらく試してみたが、認識率も文句なしだ。

 難点は、これらの機能がiPhoneに対応していないこと。理由はOSの制約ということだから、当面この状況が解消されることはないだろう。これは非常に残念だ。なお、Androidスマートフォンでも一部の機種ではClovaが利用できないようなので、対応機種表を確認してから購入したい。

 また、マルチペアリングには対応するがマルチポイントには対応してない。iPhoneで音楽を聴いていて、iPadで映画を観ようと思ったら接続を切り替える必要があるので面倒だ。

 いくつか欠点はあるが、移動中に使うには間違いなくベストなイヤホンだと判断し、即買いを決定した。価格は税込みで3万円強とちょっと高いがやむなしだ。

AndroidスマートフォンはClovaに対応する。
[画像のクリックで拡大表示]
LINEのメッセージも音声で送受信できる
[画像のクリックで拡大表示]
Androidスマートフォンではタッチパッドの設定が細かくできる。ただし、これもiPhoneでは不可能
[画像のクリックで拡大表示]
さまざまな音声サービスもAndroidスマートフォン向けだ
[画像のクリックで拡大表示]
関連リンク

著者

戸田 覚(とだ さとる)

1963年生まれのビジネス書作家。著書は120冊以上に上る。パソコンなどのデジタル製品にも造詣が深く、多数の連載記事も持つ。ユーザー視点の辛口評価が好評。近著に、『ここで差がつく! 仕事がデキる人の最速パソコン仕事術』(インプレス)がある。
Facebook: https://www.facebook.com/toda001