装着しづらいが、これが理想型だ!

 僕がこれまでに試したイヤホンは、耳に差し込むタイプか、耳にかけるタイプがほとんどだ。これに対して、Xperia Ear Duoは耳の下から差し込み、本体部分が耳の後ろ側にくるように装着する。

 最初に戸惑ったのが、この装着方法だ。慣れるまではかなり装着しづらい。耳たぶを引っ張るように持って、下から上にスライドさせるとよいのだが、最初のうちはかなり戸惑う。鏡を見ながら、5~6回も練習すればだいぶ慣れてきたが、装着の面倒さがあるのは否めなかった。それに、こんな形で落ちてしまわないのかとても不安だ。

 だが、しばらく使ってみると、この形が驚くほど取れづらいことに気づいた。AirPodsは、外れて落とさないか不安になるが、Xperia Ear Duoにはそんな心配は皆無。服を脱ぐ際にも、ちょっと気をつければまず取れない。おそらく軽いスポーツなら、問題ないだろう。

 下から装着し、かつ耳からほとんど張り出さないこともメリットだ。眼鏡と干渉しないし、ロードバイク用のヘルメットとの相性も良好だ。試した日は、5月ながら夏日だったが、Xperia Ear Duoは耳をふさいでいないために蒸れにくく、暑く感じないのも快適だ。

変わった形のXperia Ear Duo。感圧式のタッチセンサーを採用しており、本体表面をタップすることで再生や一時停止、曲送りなどの操作ができる
[画像のクリックで拡大表示]
裏側には通電用の端子とケースに収納するためのマグネットが付いている
[画像のクリックで拡大表示]
耳に装着するとこんなスタイルになる
[画像のクリックで拡大表示]