マイクロソフトから、ワイヤレスディスプレーアダプターの新製品「Wireless Display Adapter」が発売された。

 ディスプレーアダプターとは、ノートパソコンを外付けのディスプレーに接続して、画面を出力するための装置。普段はモバイルノートを持ち歩くにしても、オフィスに戻ったら大画面のディスプレーと接続して使えれば便利だ。あるいは、外出で大きなディスプレーを借りてプレゼンしたいときなどにも役立つ。

 ディスプレーアダプターはVGA端子、最近ではHDMI端子などにケーブルで接続するのが一般的だが、いちいちケーブルをつなぐのは面倒だ。そこで、ディスプレーと無線でつなげるワイヤレスディスプレーアダプターの登場となるわけだ。キーボードやマウスもBluetoothで接続すれば、一切のケーブルなしでモバイルノートを大画面で使えることになる。

 しかも、今回取り上げるこのワイヤレスディスプレーアダプターは、直販で6980円。HDMIケーブルなどは、それだけで2000円くらいするのだから、便利な製品なら予算を追加しても手に入れる価値はありそうだ。

非常にコンパクトなディスプレーアダプター
[画像のクリックで拡大表示]