僕はプレゼンに関する本や記事を書く機会が多く、プロジェクターにもかなり関心がある。特にモバイルプロジェクターは気軽に持ち歩ける上に、価格も手ごろなのが魅力だ。簡単に持ち歩けると、仕事だけでなく旅行などにも持ち出して、大画面で動画や写真を楽しめるので楽しい。ということで、今回は、ソニーが4月25日に発売する新製品「MP-CD1」を試してみた。

 本体サイズは、ちょっと大きめのスマートフォンやモバイルバッテリー程度。大きさは83×16×150mmで、重さは280gだ。さすがにシャツのポケットに入れると服の形が崩れてしまうが、小さなカバンにも余裕で入る。ポーチなどにスマホと一緒に入れて持ち歩けるのは素晴らしい。

 デザインは黒一色で、ガジェット好きの物欲をくすぐるし、仕事で使うにも目立たなくていい。個人的に感心したのは、金属ボディーを採用した剛性の高さだ。この固いボディーは手にしていてうれしくなる。標準で付属する合皮のケースも黒で統一されていて質感が良く、しかもモバイルプロジェクターがぴったり収まるサイズに作られているあたり、“設計者はわかっているなあ”と感心する。

スマホのように薄くてコンパクトなモバイルプロジェクターだ
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone Xとサイズを比較。二回りほど大きい程度
[画像のクリックで拡大表示]
専用のケースは質感のよい合皮で、モバイルプロジェクターにぴったりのサイズなのがうれしい
[画像のクリックで拡大表示]