仕事柄、いろいろなデジタルツールを買っている。普通の感覚なら「悩んだ揚げ句にやめておくか」という場面でさえ、とりあえず買ってみるケースも多い。もちろん、製品のレビューをするのが仕事の一部だからだが、個人的にも使い込んでみないと分からないという意識も強い。ということで、実はずっと買うかどうか悩んでいた超大画面スマートフォンを手に入れたので、その経緯とともに大画面スマホの魅力を紹介しよう。

 おかげさまで、僕は発売前後のデジタル製品を試用する機会が多い。今回手に入れた6.8型スマホ「ZenFone 3 Ultra」も昨年の12月に試用した製品だ。その後、購入するか否かを延々と悩み、発注したのは今年の2月18日。在庫がなくて買えなかった期間も含まれるとはいえ、発売から2カ月近くも経過していた。

 購入時の価格は6万4580円で、その時点では最安値に近かった。量販店のポイントがそこそこたまっていたことも購入を決めた理由だ。

発売から2カ月たって購入した超大画面スマホのZenFone 3 Ultra
[画像のクリックで拡大表示]