指紋センサーと有線LANに敬意を表する

 LIFEBOOK UHシリーズは軽さを追求したモデルで、開発時には間違いなく世界最軽量を狙ったのだろう。しかし、最近よく見られる極薄ノートのように、端子はUSB Type-Cのみ……といったことはしていない。USB Type-Cを1つと通常のUSB端子を2つ用意し、HDMIも備える。普段使っていて、まず困ることはない線をきっちり押さえているのだ。

 開発者に敬意を表したいのは、有線LAN端子と指紋センサーを搭載していることだ。両方とも取ってしまえば数g、もしかしたら10g以上軽くなったかもしれない。しかし、ユーザーの使い勝手を考慮して妥協しなかったのだ。確かに、指紋センサーや顔認証は、あったほうが絶対に便利だ。今どきパスワードを入力させるパソコンはいただけない。ほとんどのスマートフォンが指紋センサーを搭載し、誰もがその恩恵にあずかっているからだ。

 拡張性で残念なのは、ACアダプターが独自端子になっていることだろう。USB Type-C端子にしてくれれば、活用性が高まる。モバイルバッテリーから充電できれば、なお良いのだが。また、SIMカードスロットがないのも悲しい。これから購入して数年使うことを考えると、モバイルノートには標準搭載するべきだと確信している。LTE通信を使い始めたら、もうテザリングには戻れない。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
拡張性は十分。有線LANにつなげるのは素晴らしい
指紋センサーも搭載する。今どきはあってしかるべきだ
[画像のクリックで拡大表示]
ACアダプターがUSB Type-C端子でないのが残念でならない
[画像のクリックで拡大表示]
峡額縁だが、ウェブカメラは使いやすい位置にある
[画像のクリックで拡大表示]