ライバルはLaVie Hybrid ZEROだが……

 メーカーが「世界一軽い」と、うたいたい気持ちはよく分かる。何よりキャッチーで、カタログでも目を引く。だが、ユーザーは軽さだけでパソコンを選ぶわけではない。もちろん軽いほうがいいに決まっているのだが、10gや20gの違いは、体感では全く分からないというのが正直なところだ。

 だから当初777gとなっていたLIFEBOOK UH75/B1の重量が、平均値で761gに修正されても、僕としてはあまり興味を引かれなかった。というのも、良心的なメーカーは、製造上のばらつきを吸収する意味で、カタログ値は実測よりも少しだけ重くするのが一般的だからだ。

 試しに手元のキッチンスケールで計測してみたところ、LIFEBOOK UH75/B1は761gぴったりで、LaVie Hybrid ZEROは766gだった。キッチンスケールだから正確さには欠けるが、LIFEBOOK UH75/B1のほうが数g軽いと考えていいだろう。

 とはいえ、本体の構造からして違うクラムシェルと2in1モデルを比べてもあまり意味がない。はっきり言って、どちらも大満足の軽さだし、逆の結果だとしてもあまり関係ない。むしろ、どちらが軽いかではなく、軽くて素晴らしいパソコンを登場させたことに双方拍手を送りたい気持ちだ。

LIFEBOOK UHの重量はキッチンスケールの計測で761g
[画像のクリックで拡大表示]
LaVie Hybrid ZEROは766g。どちらもすごいとしか言いようがない
[画像のクリックで拡大表示]