拡張性は素晴らしいが光学ドライブは必要だろうか?

 レッツノートSVの拡張性は素晴らしく、本体の両側にUSB端子3つ、USB Type-C端子1つ、VGA、HDMI端子などを搭載している。もちろん、端子の数は多いほどいいわけだが、そろそろVGAはなくてもいいかもしれない。また、僕自身は、レッツノートSZを購入して以来、1度たりとも光学ドライブを使ったことがない。いまどきはDVDでデータをやり取りすることもなくなったし、映画なども動画配信サービスで見るからだ。

 もちろん、光学ドライブを搭載するモデルがあってもいいと思う。さまざまなメディアに対応するのはレッツノートらしいところではあるが、レッツノートSZの店頭モデル全6種の中で光学ドライブ非搭載は1モデルのみ。しかも、そのモデルはSSDではなくハードディスクドライブ搭載だ。例えば4モデルが光学ドライブ非搭載で、2モデルが搭載するなど、バランスを逆にしてもいい頃だと思う。光学ドライブよりもSIMカードスロットを搭載したモデルが欲しいという人も少なくないだろう。

右側面には有線LANやUSBの端子を配置
[画像のクリックで拡大表示]
左側面にはHDMIやUSB Type-Cの端子を配置
[画像のクリックで拡大表示]
光学ドライブのニーズがそれほどあるとは思えない
[画像のクリックで拡大表示]
キーボードやホイールパッドはSZと大差ない
[画像のクリックで拡大表示]