NECが注目のモデルを開発した。以前から薄型軽量で人気の高かったシリーズの新製品「LAVIE Direct HZ(D)[Hybrid ZERO]」で、11.6型液晶の2in1パソコンだ。さっそくレビューしていきたい。

 HZ(D)の重量は、キーボード込みで798gとなっているが、実物はとにかく“軽さ感”がすごい。HZ(D)の“軽さ感”の理由は、パナソニックの「Let's note SZ」と比べてみるとよく分かる。12.1型と、一回り大きな液晶を搭載するLet's noteよりも、HZ(D)のほうが底面積が広い。HZ(D)は、11.6型液晶のノートパソコンとしては大ぶりな分、より軽く感じるのだろう。

 ただ、初代のLAVIE Zとほぼ同じ重量と考えると、以前のモデルの完成度の高さをあらためて思い知らされる。

キーボードを脱着できる2in1モデルとしては驚くほど軽いHZ(D)
[画像のクリックで拡大表示]
11.6型としては大きいが、700g台と軽いので持ち歩きも余裕だ
[画像のクリックで拡大表示]