ファーウェイからフラッグシップモデルの「Mate 9」が登場した。これまでは「P9」が上位モデルとしてラインアップされていた。5.2型液晶のコンパクトなP9に対して、新登場のMate 9は、5.9型の大画面モデルだ。バッテリー容量はP9より大きく、カメラも一世代進歩している。価格はP9より高い6万800円だ。

 ここ1~2年ほどスマートフォンの画面サイズは、5型前後と5.5型の大きく2タイプに分かれている印象があったが、最近は6型前後の製品が続々と登場している。再び大画面化が進んでいるようだ。

 最新の大画面モデルは画面占有率が高く、液晶サイズの割に本体の幅が狭い。Mate 9も左右のベゼルがとても細く、大画面ながら持ちやすいスタイルに仕上がっている。

新登場のMate 9は左右のベゼルの細さが特徴だ
[画像のクリックで拡大表示]
横から見てもベゼルの細さがよく分かる
[画像のクリックで拡大表示]