ユーザー視点の辛口評価で好評の戸田覚氏が、アマゾン(Amazon)の「Fire TV」をチェックしました。ネットの動画配信などをテレビで表示するための端末ですが、どんな人におすすめなのでしょうか。

 テレビにつないでさまざまなコンテンツを再生するデバイスが、かなり出そろってきた。アップルの「Apple TV」しかり、グーグルの「Chromecast」しかり。アマゾンもこのジャンルに参入していて、「Fire TV」をリリースしている。今回は、最近発売された上位モデルをレビューしたい。

 実は、この製品の最大のポイントは4K動画の再生なのだが、残念なことに僕の自宅にはまだ4Kテレビがない。おそらく、読者の多くもそんな状況だろう。テレビは陳腐化するまでに時間がかかるので、普通の家庭ではそうそう買い替えないと思う。

 僕としては「4K動画を見たい人がFire TVを買う」のではなく、「4Kテレビを手に入れたから、Fire TVで高画質な動画を見てみようか」という人が多いような気がしてならない。また、4Kを本気で楽しみたいなら、Wi-Fiの速度もネックになりそうだ。

Fire TVは四角い箱状で、コンパクトなサイズも魅力だ
[画像のクリックで拡大表示]