ファーウェイのSIMフリースマートフォンの最上位モデル「Mate 10 Pro」が2017年12月1日に発売になった。Mate 10 Proは、ファーウェイのフラグシップモデルであるだけでなく、Android搭載のSIMフリースマホの中でも最上位クラスだ。僕を含め、このモデルを待ちわびていた人も少なくないだろう。今回は、Android端末として最上位クラスで、NTTドコモから販売されているサムスン電子の「Galaxy S8+」と比較しながらレビューしてみたい。

 それにしても、ファーウェイのラインアップはとても豊富で、混乱するほどだ。上位モデルとしては既に「P10 Plus」がある。P10 PlusとMate 10 Proの外観上の違いは画面サイズだ。Mate 10 Proは、6インチの大画面。本体の縦横比は2対1となっており、画面が大きい割には持ちやすい。

新登場のMate 10 Proは、縦長のディスプレーを搭載する
[画像のクリックで拡大表示]