2015年に発売された「BALMUDA The Toaster(バルミューダ ザ・トースター)」(以下、バルミューダ)が高級トースターの火付け役となり、これまでに各メーカーが高級トースターを発売している。今回は2017年9月に発売されたばかりの、タイガー魔法瓶のスチームコンベクションオーブン「やきたて」(以下、KAX-X130)を紹介する。水を入れてたっぷりのスチームを使って焼き上げるというオーブントースターは、おいしく焼けるのだろうか。

実勢価格2万円以上。スチームコンベクションオーブンの実力は?
[画像のクリックで拡大表示]

水タンクの最大容量80mL! パンだけでなく調理もできる

 スチームの力でトーストだけでなく、料理まで多彩に楽しめるという、タイガー魔法瓶のKAX-X130。2017年9月に発売したばかりの新製品で、試食したときに「パンがおいしい!」と感激。あらためて試用してみることにしたのだ。

 KAX-X130の最大の特徴は業界最大容量のスチーム。タンクに水を80mLも入れることができ、パンを焼くだけでなく、ローストビーフなどさまざまな料理にスチームをたっぷり使うことができる。また、調理トレイ(ホーロー加工)が付属していて、料理の幅が広がりそうだ。

左下に水タンクを備える。一度に80mLも入れることができるのは便利
[画像のクリックで拡大表示]
奥行きは大きめ
[画像のクリックで拡大表示]
調理トレイが付属
[画像のクリックで拡大表示]
扉を開けると焼網が前に出てくるので取りやすい
[画像のクリックで拡大表示]

 上部には「速熱カーボンヒーター」、下部には2本の「遠赤ヒーター」を搭載している。この2つの加熱方法を組み合わせることで、予熱なしで瞬時に熱を伝えて外側はカリッとした食感にし、内側は遠赤効果と大容量のスチームによってじっくり熱を伝えていくので、ジューシーな食感になるという。

上は速熱カーボンヒーター
[画像のクリックで拡大表示]
下は遠赤ヒーターが2本
[画像のクリックで拡大表示]

 庫内は広く、食パンは一度に4枚まで焼ける大きさだ。本体のサイズは幅41.4cm、奥行き40.3cm、高さ25.5cmで、一般的なトースターよりひと回り大きめ。まずはパンを焼いてみた。