先日、気になるふとん乾燥機が発売された。三菱電機の「AD-X80」である。昔からあるマット式のふとん乾燥機だが、ふとんを包み込む新形状が特徴だ。

 発表会で行われた実験では、隅々まで50℃以上をマークした。50℃まで温度を上げられるふとん乾燥機はあまり聞いたことがない。また、ダニは50℃以上になると生きられないと聞いていたので、「これならダニ対策に有効では?」と興味をひかれたのだ。

発表会のときから気になっていた三菱電機のふとん乾燥機「AD-X80」
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし、この説は本当なのだろうか。思えば、UV照射や温風吹きつけなどさまざまな「ダニ対策に有効」をうたう家電が発表されてきたが、効果については懐疑的なものも少なくなかった。自分自身、ダニについてはぼんやりとしたイメージしかなく、どういう環境でダニが繁殖し、どのような対策をとれば有効なのか、実はよく知らない。

 そこで、室内のダニ対策と環境整備について長年研究している環境アレルゲン info and care 株式会社の白井秀治代表取締役に、ダニの生態と対策についてお話を伺った。

環境アレルゲン info and care 株式会社 代表取締役
白井秀治さん
(日本アレルギー学会会員、日本皮膚科学会会員、日本ダニ学会会員)
[画像のクリックで拡大表示]