どちらも体操着上下は1時間で乾く

 両機種ともにハイグレードモデルと比べると、除湿のパワーは高くない。しかし、狭い場所で乾かせば比較的早く乾かすことができる。

 そこで中学生の体操着上下を乾かしてみた。浴室に突っ張り棒を使ってつる下げ、下から風を当てる。

左がパナソニックF-YZRX60、右がアイリスオーヤマKIJD-H20
[画像のクリックで拡大表示]
1時間でも水タンクにこれだけの水が溜まっている。左がパナソニックF-YZRX60、右がアイリスオーヤマKIJD-H20
[画像のクリックで拡大表示]

 両機種ともに1時間ほどで、体操着の分厚いゴムの部分まできちんと乾いた。水タンクに溜まった水の量は、パナソニックが約45ml、アイリスオーヤマが約40mlほどだった。湿度は前者が38%、後者が39%まで落ちていた。

 浴室も同時にカラカラになって気分がよい。1時間でこれだけ乾くのであれば、1~2人暮らしの洗濯物であれば十分のパワーではないだろうか。3~4人分のまとめた洗濯物では物足りないかもしれないが、狭い場所で締め切って乾かせば、部屋でぶら下げておくよりもかなり早く乾く。

 なお、音はパナソニックのほうが大きめ。「おまかせ」モードは実測で67.7デシベル、アイリスオーヤマは54.9デシベルとなっている(本体との距離10cmで計測)。