買いやすい価格、軽くて持ち運びやすい2モデル

 衣類乾燥除湿機にはコンプレッサー式とデシカント式がある。

 コンプレッサー式は、水蒸気を含んだ空気を冷やし、水蒸気を水滴に変えて結露させて空気から水分を取り除く方式だ。高温時の除湿能力は大きく、消費電力が少ないものの、コンプレッサーを内蔵しているために本体重量は重い。

 デシカント式は、内部のゼオライト(乾燥剤)に水分を吸着させて空気の水分を取り除き、ヒーターの熱で、乾燥した空気を放出する。吸着した水分は、熱交換器で水滴となってタンクにたまる仕組み。軽量、コンパクトで運転音が静かだが、ヒーターを使うので室温が上昇することと、ランニングコストが高い点はデメリットと言える。

 今回試す2モデルはどちらもデシカント式だ。実際に持ってみると女性でも持てる重さで、衣類乾燥だけでなく、バスルームやクローゼットなど、家の湿気が気になるところに持っていくのもラク。また、コンパクトサイズなので、場所をとらず、クローゼットなどにしまっておける。

 機能を比較してみると、パナソニックのほうが除湿機能は圧倒的に優れているが、アイリスオーヤマは本体が軽く、価格はかなり安いのが魅力だ。

 パナソニックとアイリスオーヤマの機能を比較した表が以下となる。

パナソニック アイリスオーヤマ
型番 F-YZRX60 KIJD-H20
除湿方式 デシカント式 デシカント式
外形寸法(高さ×幅×奥行) 459×178(+脚部12)×357mm 約510×165×325mm
重量 6kg 4.4kg
衣類乾燥量 50Hz:5.4L/日60Hz:5.6L/日 2.2L/日
除湿可能面積目安 木造7畳(12㎡)、プレハブ11畳(18㎡)、鉄筋14畳(23㎡) 木造3畳(5㎡)、プレハブ4畳(7㎡)、鉄筋6畳(9㎡)
消費電力 285W 300W
電気代のめやす 7.7円/h 10円/h
タンク容量 2.0L 2.0L
家電量販店の実勢価格 2万8000円前後 1万4000円前後
左がパナソニック「F-YZRX60」、右がアイリスオーヤマ 「KIJD-H20」
[画像のクリックで拡大表示]
どちらも裏側の吸気口から空気を吸い取るので手入れが必要だが、カバーをはずして掃除機で吸うだけとラク
[画像のクリックで拡大表示]
高さもほぼ同じだ
[画像のクリックで拡大表示]