主婦に支持されている三菱電機の冷蔵庫「MR-WX61Z」を試してみた!
[画像のクリックで拡大表示]

白物家電の中でもなかなか試すことができない大型家電。中でも冷蔵庫は設置などの関係もあり、レビューは厳しいかとあきらめていたが、遂にお借りすることができた。子供たちが成長してよく食べるようになり、容量が足りなくなってきたこともあって、皆、大型冷蔵庫に興味津々。今回は、家で実際に試用してみた大型冷蔵庫レビューの前編です!

憧れの大容量冷蔵庫! 605Lでも横幅はたったの68.5cm

 我が家は夫婦共働きで、2人の子どもは食べ盛り。いつも週末には大量に買い込んでいる。冷蔵庫は常にぎっしりで、容量が足りなくなっているため、買い替えを検討中だ。ふだんから冷蔵庫に関しては各メーカーに取材させていただいているが、その中から、気になった冷蔵庫をお借りできる機会に恵まれた。

 お借りしたのは、主婦の間で評価が高い三菱電機の冷蔵庫「MR-WX61Z」。サイズは高さ182.1cm×幅68.5cm×奥行き73.8cmで、容量は605Lの大容量タイプだ。

 幅は68.5cmとスリムなので、狭いキッチンでも収まる。前の冷蔵庫では食材があふれていたため、キッチンに入る最大容量の冷蔵庫がずっと気になっていたのだ。一番大きい705Lタイプは、冷蔵庫スペースには入るものの、途中の通路で引っかかるため、断念した。我が家はごく一般的な間取りの建売住宅だが、MR-WX61Zは細い通路でも問題なく設置することができた。