ブルーエアから発売されたカジュアルモデル「Blue by Blueair」を使ってみた
[画像のクリックで拡大表示]

 スウェーデンの空気清浄機メーカーのブルーエアは、徹底して空気清浄を追求した高性能な「特化型空気清浄機」を販売している。これまでターゲットにしていたのは高級志向のユーザーだったが、新発売の「Blue by Blueair(ブルー バイ ブルーエア)」はプレミアムラインとは違い、価格も抑えられたカジュアルモデルだ。シンプルな北欧デザインが注目されているが、空気清浄能力はどうか。実際に試してみることにした。

約30センチの大型プロペラファンを天面に配置

 ラインアップは空気清浄機能メーンの「Blue Pure221 パーティクル」と、脱臭機能を追加した「Blue Pure221 パーティクル&カーボン」の2種類で、今回試したのは「Blue Pure221 パーティクル」だ。

 適用床面積はJEMA規格で78平方メートル(47畳)で、ダストフィルター搭載の「Pure 221 パーティクル」が5万4500円、ニオイフィルター搭載の「Pure 221 パーティクル&カーボン」が5万8500円(共に税別)とブルーエアの中ではリーズナブルな価格設定となっている。

 キューブ型で余計な装飾がなく、シンプルでスッキリしたデザインに好感がもてる。直径30センチのプロペラファンを天面に搭載し、天井に向かってキレイな空気が送風される。全方向から空気を取り込み、効率よく循環させる機構だ。

正面にはボタンが真ん中についている
[画像のクリックで拡大表示]
後ろ側に電源コードがついている
[画像のクリックで拡大表示]
上から見ると正方形。下から吸い込み、真上に風が出てくる
[画像のクリックで拡大表示]
上下は簡単に外れる。電源コードはプロペラがある上側についている
[画像のクリックで拡大表示]

 本体下部にフィルターを搭載。本体の形状に合わせて四方にフィルターを配置した角筒になっている。汚れた空気を前後左右の全方向から吸い込み、吸い込んだ粒子を特大表面積キューブ型フィルターで0.1ミクロンの微粒子までしっかり除去。キレイな空気がプロペラファンで送風され、天面から放出される。

 単に真上に空気が出てくるだけではない。天面のカバーは外側に向かって穴のサイズが大きくなるように設計されている。実際に風速を計測してみると、中心近くから外側に向かって毎秒1.6メートル、毎秒3.8メートル、毎秒4.1メートルと、外側にいくほど風量が強くなっている。

風量は位置によって変わる。部屋全体の気流が動くように計算されているという
[画像のクリックで拡大表示]

 部屋の天井に風が当たり、跳ね返って部屋全体に空気が循環する仕組みで、メーカーの説明によれば、8畳の部屋であれば、6分程度で空気清浄が完了するとのこと。大きなプロペラファンが大風量を生み出すので、サーキュレーターのように部屋全体の気流が動いているのがよくわかる。すぐに部屋の空気の感じが変わるので気持ちよい。