豪華なホテル「銀河王朝大酒店」の部屋で、変なもの発見!

 ケータイをいじっていたら、あっという間にホテルに到着。4日間通してずっとお世話になるホテルだ。ここがイマイチだと旅も十分楽しめない。おそるおそるホテルを観察してみたが、どこからみても立派なホテル!部屋も広くて、清潔。湯沸しポットも備え付けてあるし、バスタブもあるじゃないの。シャワーが上方固定式であったこと以外は大満足。これなら快適に過ごせそう。

 しかし、ベットの脇にガスマスクのようなもの発見。な、なんでガスマスク?ちょっとカルチャーショックを受ける。

 さて、今回は全部丸ごとオプショナルツアーを組んだのだが、唯一今夜の夕食だけは、自力で探さねばならない。しかしこのホテルは、成都のど真ん中。ホテルの前にスターバックスカフェまである。ホテル前の大通りを、びゅんびゅん飛ばす車をよけながら、前の人にくっついて渡ると、目の前に世界共通のマーク。息子御用達の「麦当芳(マイダンラオ)」。つまり、マクドナルドね。メニューはちょっと違うけど、とりあえず5歳の息子も満足して食べてくれた。どうせ明日からはオプショナルツアーで四川料理のオンパレードなのだ。今夜はこれでいいや。

 明日はいよいよ世界最古の灌漑施設・世界遺産「都江堰」の見学だ。移動に備え、今夜は早く寝るとしよう。晩安(ゥアンアン)!(これは、中国語で「おやすみなさい」の意味です)

大きなパンダの壁画があるのが、このホテル「銀河王朝大酒店」の目印
【画像をクリックすると拡大表示されます】

豪華なロビー。装飾も凝っている
【画像をクリックすると拡大表示されます】

エレベーターホールに諸葛孔明の像
【画像をクリックすると拡大表示されます】
きれいな室内に息子も大満足。「おなかすいた~」
【画像をクリックすると拡大表示されます】

ベットサイドに変なもの発見。防毒って……
【画像をクリックすると拡大表示されます】

ガスマスクのようだ。ひー、毒ガス被害が出ることあるんですか?
【画像をクリックすると拡大表示されます】

悪名高い中国のトイレ事情。でも、ホテル内はきれいですよ。ヨーロッパと同様、ペーパーはくずかごに捨てます
【画像をクリックすると拡大表示されます】
バスタブ付です。ラッキー!
【画像をクリックすると拡大表示されます】

ミネラルウォーターが1日1人1本補充されます。あとは備え付けの湯沸しポットで沸騰させれば、水道の水を飲んでも大丈夫(生水はたとえ歯磨きするだけでも厳禁)。花茶、緑茶、コーヒーなども無料で用意されていた
【画像をクリックすると拡大表示されます】
ホテル入り口から撮影。ノキアの大きな看板がみえる。新宿みたい
【画像をクリックすると拡大表示されます】

自転車や輪タクで帰路へ向う人々(動画あり)
【画像をクリックすると拡大表示されます】

「麦当芳(マイダンラオ)」は家族連れやカップルでいっぱいだった
【画像をクリックすると拡大表示されます】
辛くないのはチキングリルバーガーくらい。あとはどれも“熱”とか“辛”という文字があり、怖気づいてしまった
【画像をクリックすると拡大表示されます】

NEXT 【第2回】三国志の地にケータイと降り立つ