2006年11月11日の発売以来、いまだその話題が絶えることのないソニー・コンピュータエンタテインメント「プレイステーション3(PS3)」。Blu-ray Disc(BD)ドライブを搭載し、1080p出力が可能なこの“次世代ゲーム機”は、「BDプレーヤーやSACDプレーヤーとしても使えてゲームもできるAV機器」として語られることも多い。

 デジタルARENAでもAV機器の一つとしてさまざまな角度からチェックしてきたが、今回はPS3のゲーム機としての能力に真正面から向き合うことにした。「果たしてPS3のゲーム機としてのポテンシャルはいかほどのものなのか?」──と。

 そこで「小原由夫のAVトレンドジャーナル」を好評連載中のAV評論家、小原由夫氏の自宅にあるシアタールームをお借りすることにした。大胆不敵にも、200インチという衝撃の巨大スクリーンにPS3のゲーム画面を投影し、ゲームライターの稲元徹也氏、AV評論家の小原氏、ついでにデジタルARENA編集部員がそのサウンド、ビジュアルを厳しくチェックする!(デジタルARENA編集部)

“PS3×200インチシアター”の衝撃──ゲームは環境でここまで変わる!
今回PS3でプレーするゲームとして、筆者の個人的な趣味で「RIDGE RACER7(リッジレーサー7)」と「RESISTANCE~人類没落の日~」をセレクト。これらPS3のゲームを200インチシアターで遊ぶと一体どんな体験ができるのか。その“未体験ゾーン”をリポートしていこう。動画も見られるぞ!(稲元 徹也)

PS3とは全く違ったベクトルの面白さ!? 今度は大画面シアターでWiiを遊ぶ!
AV評論家・小原由夫氏宅の200インチシアターで、PS3のゲームをプレーするというまたとない体験。せっかく夢のような環境を体験できるのだからと思い、同じ取材日に自前の「Wii(ウィー)」を小原さん宅にお持ちして遊ばせてもらった。(稲元 徹也)

PS3インプレッション~「リッジレーサー7」「RESISTANCE」を“200インチシアター”で体験【AVトレンドジャーナル番外編】
オーディオ・ビジュアル機器のトレンド、動向などについてAV評論家・小原由夫氏が掘り下げていく「AVトレンドジャーナル」番外編。2006年11月11日に発売された“次世代ゲーム機”「プレイステーション3」(PS3)ではBlu-ray DiscやスーパーオーディオCDの再生機能なども注目されているが、今回はPS3のゲーム機能に関する、小原氏のインプレッションをお届けしよう。(小原 由夫)