地上デジタル放送やBS放送、110度CS放送など、放送の世界でもデジタルが主流になりつつある。人気の大画面薄型テレビやHDD&DVDレコーダーも、デジタル対応機器が増えてきた。

 しかし、こうしたデジタルAV機器はアンテナ端子や入出力端子が多く、どう接続すればいいのか、迷った経験のある人も多いだろう。テレビとHDD&DVDレコーダーを接続する端子一つとってみても、HDMI端子、D端子、S端子、コンポジット端子、コンポーネント端子など、数多くの種類がある。

 そこで本特集では、初めてデジタルAV機器を購入するという初心者でも迷わずに機器を接続できるように、デジタルAV機器の接続方法を基礎から分かりやすく解説していくことにしたい。(石井 英男)

【第1回】 大手量販店の店員に聞く 最新デジタルAV機器事情

 まずは予備知識編として、大手量販店「ビックカメラ」のAVフロア担当者に、デジタルAV機器の最新事情を聞いてみることにした。

【第2回】 端子の違いを覚えよう!

 AV機器の接続をマスターするには、端子の違いを覚えることが重要だ。AV機器を接続しようと思っても、どの端子を利用すればいいのか迷った経験のある人も多いことだろう。そこで今回は、AV機器やPCなどで使われている端子について解説したい。

【第3回】 アンテナ端子はどうつなぐ?

 大画面薄型テレビやHDD&DVDレコーダーを設置する際に、必ず行わなくてはならないのがアンテナ端子の接続だ。そこでアンテナ端子の接続方法について解説していこう。

 1.アンテナの違いを理解しよう
 2.【パターン別】 アンテナ接続方法

【第4回】 機種ごとの接続方法を徹底紹介!

 Coming Soon!

【第5回】 素朴な疑問を解決! 接続Q&A

 Coming Soon!

NEXT 大手量販店の店員に聞く 最新デジタルAV機器事情