特集

「Vodafone 904SH」「NTTドコモSIMPURE」連れて神話の国へ! ケータイ紀行 from エーゲ海

 これまで、トルコ・イスタンブールや、カンボジア・アンコールワットへと、ケータイを抱えて文化遺産を旅してきたデジモノ大好きライターの平戸京子氏。その彼女が次なるターゲットに狙いを定めたのが、初夏のエーゲ海・ギリシャの島々だ。「『Vodafone 904SH』の人気アプリ“星座をさがそ”を、ギリシャで試してきます」という、はたまた“?”な言葉を残して、日本を飛び出して行ってしまった。

 トルコのイスタンブールからエフィソス遺跡に寄り道し、港町クシャダシへ。そこから船で国境を越え、青い海のギリシャの島々へ。ギリシャと言えばヨーロッパ。当然ボーダフォンのテリトリーだ。ギリシャの人々は日本のボーダフォン(10月からは「ソフトバンク」だけど……)をどう見るのか?

 でも、それだけじゃもったいないと、おしゃれなグローバルケータイ・NTTドコモ「SIMPURE N」「SIMPURE L」に加え、無線LANの普及状況を見るためにウィルコム「W-ZERO3」、そしてなぜかauのワンセグケータイau「W41H」までもが彼女と“同行”することに。果たしてエーゲ海にポツンポツンと点在する島々で、ケータイは使えるのか? 海上の国境線では電波状況はどうなる?

 夏休みに海外旅行を計画している人は注目だ! この旅の終わりには、きっとあなたにぴったりの“グローバルケータイ”が見つかるはず。世界に誇る日本のケータイが、ギリシャでどこまで通用するのか。美しい遺跡や古い町並みなどの世界遺産を背景に繰り広げられる、なんだか「……」や「?」の多い旅物語を、あなたも楽しんでもらいたい。(文・写真=平戸 京子)


【第1回】成田~イスタンブールからエフィソス遺跡へ

聖母マリアの家で「ダ・ヴィンチ・コード」を夢想
バラの花のような赤い「SIMPURE N」がマリアの家を飾る

【第2回】トルコのクシャダシからギリシャへ

巨大なヘラの神殿跡をケータイと歩く
サモス島のVodafoneショップで「904SH」自慢!

【第3回】青い空白い家そして青い海!レロス島

ケータイ抱えてガイドブックにも載ってない秘島へ
小学生の遠足に乱入!「iZone」でチェキしまくり!

【第4回】賑やかな欧州リゾート!コス島

ヒポクラテスとアスクレピオスの伝説を尋ねて
大理石の静かな病院跡で「SIMPURE L」とたわむれる

【第5回】街すべてが世界遺産!ロドス島

巨大な城壁の中にある迷路に十字軍の痕跡を見る
ロドス島に愛された「Vodafone 904SH」と城砦の迷路へ

【最終回】旅の終わり:マルマリスからカイセリへ

カイセリの大学で日本語学科の学生とケータイ談義
「W-ZERO3」は電波を拾えるか?学生人気NO.1ケータイは?



NEXTエフィソス遺跡!聖母マリアの家で、ダ・ヴィンチ・コードを夢想

PR

  • 日経トレンディ 最新号案内

    日経トレンディ
    2017年12月号