新宿・歌舞伎町で噂のLED達人、その名も“ケータイ王子”
ポッケの中は繁華街? SH901iCが超ギラギラピカッ!

 まだ冬の寒い日。都内某所での取材の帰り、私の目に期間限定の出店が飛び込んできた。どうやらデコ電をしてくれるらしい。見たこともない柄の全面シール貼り加工されたケータイを眺めていると、棚の奥がピカッと輝いていた。それは、ケータイから放たれた光だった。

 なんだろう……? 近づいてみると、ケータイのボタンが光っている。普通のケータイでも、ボタンを操作するときにうっすらキーが光るが、その比ではない。ピカーッ!と光るのだ。看板には「LED改造、4000円から」と書いてある。

 これは、「LED改造」というケータイ装飾の一種で、ボタンの裏側に仕込まれているLED(発光ダイオード)を、強力に光るものに取り替えるのだ。折りたたみ式ケータイなら、開けるたびにピカッ!と光る。LED電球には様々な色のものがあり、好みのカラーに変えられる。全面シール加工と合わせて、大体1万円くらいで改造してくれるという。これはとりあえず、やってみなくては!


私のSH901iCをLED改造してみたよ

 私は持っていたNTTドコモ「SH901iC」を取り出し、LED改造をお願いした。店員に「穴は開けますか?」と聞かれて、ちょっと悩んだが、そのほうが派手になるというので、追加料金を出し、それもお願いした。合計1万1000円の改造費となった。いったいどんな風になるのだろうか?

 待つこと一時間。出来上がったのがこちらだ(ジャーン!)。

シールを選んでいるところ。私のは2枚重ね貼りとなった(SH901iCの赤が強いため) 金色のシールを貼ってみました。しかし、横とか端子カバーはそのまま赤く残ってます

穴を開けた場所がレインボーカラーに光ってます よく見ると、ボタンのすき間からも光がもれています。なかなか目立つ!

 開けると光る。なかなか面白い。夜、出かけたとき持って行くと、かなり目立つに違いない。だが、これを“究極”と言っていいのか? しばらく使っていると、シールもはげてきてしまった。なんともイマイチな気がする。うーん、出店の見本はもっとかっこよかったのになぁ。何がいけなかったんだろう?


LED達人「ケータイ王子」に会いにいざ新宿・歌舞伎町へ!

 疑問を残したまま、他の装飾ケータイを取材していたのだが、前回登場していただいたくりすたるあーとの林先生にそのことを相談してみると、「あっ、いい人がいるよ」と、一人のお弟子さんを紹介してくださった。私は即、先生に指定された新宿・歌舞伎町へ向かった。

スタジオALTAから少し歩いた場所にある、お弟子さんの店へ向かう 通りの向こうは歌舞伎町。こちら側にはファミリーマート。お店はその向かい側

ここです!ビルとビルのすき間のスペースをうまく利用して作られたお店。「デコレーション携帯」の文字が目印。営業は午後3時からというのが、歌舞伎町らしい

 既に店内にはお客さんがいる。髪を茶髪に染めた20代くらいのステキな男性客。会話の内容から、かなりのリピーターであることがうかがえる。たった今買ったばかりのauのケータイを、箱ごと店に持ち込んで改造を依頼している。

 次にやって来たのは、やはり20代前半の女性。素晴らしく長く伸ばした爪がゴージャスで、髪は金髪の巻き髪。どうやら大学生のようだ。「友達に教えてもらってきたんですけど」と、差し出したケータイはみごとなイルカの絵が。これにさらにLED改造を施すらしい。

くりすたるあーと、デコ電、イルミネーション……いろんな装飾ケータイが並ぶウインドー ウインドーディスプレイを動画で撮影してみました。LED改造とデコ電を組み合わせたものも(画像をクリックすると動画が見られます。AVI:9.12MB)

林先生のお弟子さんの店「携帯改造カスタム小僧」(問い合わせ先:080-5408-8018)

 そう、この店は、かなり口コミでの評判が高く、皆ここをわざわざ訪ねてきているようだった。特に、これから歌舞伎町に出勤!という人が、その前にケータイを2~3時間預け、改造してもらっているようだ。確かに“夜の商売”なら、LED改造は非常に目立ち、効果を発揮するだろう。暗い中でメールを打つような場合は実用的かもしれないし、客商売だったらこのケータイひとつでちょっとした話のネタにもなるはず。

 お客さんが途切れた頃、店内に入ってみる。ちょっと入りにくい雰囲気はあるものの、事前に林先生に連絡を入れておいてもらったので、勇気を出して店内へ。そこにいたのは、「カスタム小僧」というにはちょっと雰囲気の違う、かっこいいお兄さん。そう、店長の最上雅人さんだった。

お客さんもいて忙しそうだったのに、にこやかに迎えてくれた最上店長。顔出しNG!?えーっ

とちょっと不満をもらしたら、(自分の)オリジナルカレンダーの写真ならOKとのこと。よく見てください。oujiって……王子? メールアドレスも「ouji」だし。「じゃあ、『ケータイ王子』って呼んでもいいですか?(京)」「あはは、いいよ(店長)」。ルックスといい、雰囲気といい、物腰といい、オリジナルカレンダーといい、ただものではないゾ……

NEXTLEDは色によって値段が違う