Part2:もっと安く賢く修理する裏ワザ

ショップや修理専門店のサービスはこんなにお得


 パート1では、故障したときメーカーに修理を依頼する方法を紹介した。ただしメーカーは修理日数が短く確実とはいえ、修理料金がやはり高い。そこで、もっと安く修理する裏ワザを紹介しよう。パソコンショップ独自の修理サービスや、修理専門店を利用するのだ(図1)。

●修理専門店はメーカーよりお得?
修理専門店に出すメリット

修理専門店に出すデメリット
図1 修理専門店やパソコンショップ独自の修理サービスを利用する最大のメリットは、安さ。メーカーの半額で修理できる場合もある。また、パソコンの出張サポートが即日できるなどメーカーにはないフットワークの軽さもある


液晶ディスプレイの修理がメーカーの半額でできる

 パソコンショップや、修理専門店に修理を依頼する一番のメリットは、とにかく安いこと。メーカーの修理と比較して半額以下で済むこともあるのだ。例えば液晶ディスプレイは、メーカーの修理では6万~10万円するが、2万5000円程度と大幅に安く済む。

 他にもメリットがある。修理専門店によっては電話をすると即日、自宅まで出張訪問して故障かどうか診断してくれる。パソコンが不調になって、自分で故障か判断できないときにありがたい。メーカーにも出張診断サービスはあるが、最短でも3日はかかる。

 さらに、メーカーにかかわらず基本的にはどんなパソコンでも対応できる点も魅力だ。メーカーのサポートが受けられない場合でも、修理して直る可能性がある。

 一方、デメリットもある。パソコンに特殊な部品を使っている場合、部品の調達にかなり時間がかかってしまう。また、一度修理したパソコンはメーカーの保証が受けられなくなる。メーカーの保証期間内のパソコンなら、メーカーに修理を依頼した方が良い。

NEXT ノート用バッテリーの交換が通常料金より3割安い