Windowsの動作が不安定になった場合、その対策のひとつとして「システムファイルチェッカー」というツールを使う方法がある。

 本来、Windowsには上書きを禁止しているシステムファイルが数多く存在するが、それがなんらかの理由で上書きされていたり、破損していたりするとシステムが不安定になる。この状態を検出し、必要に応じてキャッシュフォルダ等に保管しておいた本来のシステムファイルを置き換えるなどの作業を行うのがこのツールだ。

 管理者権限のあるユーザーでログオンし、スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」を選ぶ。「名前」に次のコマンドを入力して「OK」ボタンをクリックする。

sfc /scannow

 これで、保護されているすべてのシステムファイルを調査して、誤っているバージョンを正しいバージョンに置き換える作業を行う。ただし、このコマンドの実行時には、WindowsのインストールCD-ROMの挿入が求められたり、インストールファイルの存在場所の指定が必要になることがあるので準備しておこう。

「名前」に「sfc /scannow」と入力して「OK」ボタンをクリックする
【画像をクリックすると拡大表示されます】

保護されているすべてのシステムファイルを調査して、誤っているバージョンを正しいバージョンに置き換える作業が始まる
【画像をクリックすると拡大表示されます】