Windowsのシステムは通常Cドライブにインストールされる。それ以外のハードディスクドライブには、DとかEというドライブ名が付く。この文字を「ドライブレター」という。システムのインストールされたドライブ(通常はドライブC)のドライブレターを変更することは大変危険なので避けるべきだが、これ以外のドライブレターを変更するには次のようにすればよい。

 スタートメニューの「マイコンピュータ」を右クリックして「管理」を選ぶ。「コンピュータの管理」ウィンドウが開くので、左のツリーから「記憶域」-「ディスクの管理」を選ぶ。ドライブレターを変更するドライブを右クリックして「ドライブ文字とパスの変更」を選ぶ。

 「ドライブ文字とパスの変更」ダイアログが開くので、変更するドライブを選んで「変更」ボタンをクリックする。「ドライブ文字またはパスの変更」ダイアログが開くので、右側のリストボックスからドライブレターを選んで「OK」ボタンをクリックする。「ボリュームのドライブ文字を変更するとプログラムが動作しないことがあります。このドライブ文字を変更しますか?」というメッセージが表示されるので、「はい」ボタンをクリックする。

 CD-ROMドライブなどのドライブレターについても同様な操作で変更できる。

「マイコンピュータ」を右クリックして「管理」を選ぶ
【画像をクリックすると拡大表示されます】

「記憶域」-「ディスクの管理」を選ぶ
【画像をクリックすると拡大表示されます】
ドライブレターを変更するドライブを右クリックして「ドライブ文字とパスの変更」を選ぶ
【画像をクリックすると拡大表示されます】

変更するドライブを選んで「変更」ボタンをクリックする
【画像をクリックすると拡大表示されます】
右側のリストボックスからドライブレターを選んで「OK」ボタンをクリックする
【画像をクリックすると拡大表示されます】

「ボリュームのドライブ文字を変更するとプログラムが動作しないことがあります。このドライブ文字を変更しますか?」というメッセージが表示されるので、「はい」ボタンをクリックする
【画像をクリックすると拡大表示されます】

CD-ROMドライブなどのドライブレターについても同様な操作で変更できる
【画像をクリックすると拡大表示されます】