IEを起動している際に、「F11」キーを押すとウィンドウが全画面に表示される。これを「キオスクモード」あるいは「シアターモード」と呼ぶが、うっかりして「F11」キーを押して慌てたことはないだろうか。

 再度「F11」キーを押せば元の状態に戻るのだが、ブラウザーウィンドウを画面全体に表示することはめったにないので、この機能がかえって邪魔になっているユーザーも多い。そこで、このモードを無効にする方法を紹介しよう。

 管理者権限のあるユーザーでログオンし、スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選び、「regedit」と入力して「OK」ボタンをクリックする。レジストリエディタが起動したら、次のようにキーをたどる。

HKEY_CURRENT_USER→Software→Policies→Microsoft

 「Microsoft」を右クリックして「新規」-「キー」を選び「Internet Explorer」というキーを作成する。さらに、「Internet Explorer」を右クリックして「新規」-「キー」を選び「Restrictions」というキーを作成する。

 「Restrictions」を右クリックして「新規」-「DWORD値」を選び「NoTheaterMode」というDWORD値を作成する。「NoTheaterMode」をダブルクリックして「値のデータ」に半角数字で「1」を入力して「OK」ボタンをクリックする。

 レジストリエディタを終了してWindowsにログオンし直せば、シアターモードは無効になっていることがわかる。ちなみに、IEの「表示」メニューを開くと「全画面表示」が無効になっていることが分かる。

 元の状態に戻すには、「Microsoft」の下に作成した「Internet Explorer」というキーを削除すればよい。

IEを起動している際に、「F11」キーを押すとこのようにウィンドウが全画面に表示される

「Microsoft」を右クリックして「新規」-「キー」を選ぶ 「Internet Explorer」というキーを作成する

「Internet Explorer」を右クリックして「新規」-「キー」を選ぶ 「Restrictions」というキーを作成する

「Restrictions」を右クリックして「新規」→「DWORD値」を選ぶ 「NoTheaterMode」というDWORD値を作成する

「値のデータ」に半角数字で「1」を入力して「OK」ボタンをクリックする IEの「表示」メニューを開くと「全画面表示」が無効になっていることが分かる