「ログオフせずにほかのユーザー権限でプログラムを実行」で紹介したように、WindowsXPにはログオフせずにほかのユーザー権限でプログラムを実行する機能が備わっている。この機能も両刃の剣で、複数のユーザーで共用しているコンピュータでは使えないようにしたい場合もある。

 管理者権限のあるユーザーでログオンし、スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選び、「regedit」と入力して「OK」ボタンをクリックする。レジストリエディタが起動したら、次のようにキーをたどる。

HKEY_CURRENT_USER→Software→Microsoft→Windows
→CurrentVersion→Policies→Explorer

 「Explorer」を右クリックして「新規」-「DWORD値」を選択し「HideRunAsVerb」というDWORD値を作成する。これをダブルクリックして「値のデータ」に半角数字で「1」を入力して「OK」ボタンをクリックする。  

 Windowsにログオンし直すと、メニューに「別のユーザーとして実行」が表示されなくなる。

 元の状態に戻すには、「HideRunAsVerb」というエントリを削除すればよい。

 なお、この操作により「別のユーザーとして実行」が無効になるのは、操作時にログオンしたアカウントに限るので、他のアカウントについても無効にするには、それぞれのアカウントでログオンして同じ操作を行う必要がある。そのコンピュータ全体で同様な設定を行うなら、上記作業を「HKEY_CURRENT_USER」配下で行わず、「HKEY_LOCAL_MACINE」配下で行えばよい。


「Explorer」を右クリックして「新規」-「DWORD値」を選択する。

「HideRunAsVerb」というDWORD値を作成する。

「値のデータ」に半角数字で「1」を入力して「OK」ボタンをクリックする

通常ならばこの図のようにメニューに「別のユーザーとして実行」が表示されている

今回紹介したテクニックを使うとメニューに「別のユーザーとして実行」が表示されなくなる