ワープロなどでポスターやチラシを作る際に、色々なフォントが利用できると便利だ。しかし、フォントは意外にメモリーを多く消費するため、余計なフォントはインストールしないのが賢明だ。そこで、フォントファイル(*.ttf)さえあれば、Windowsにインストールせずに、一時的にフォントを利用できる方法を紹介しよう。年賀状の季節にしか使わないフォントはこの手を使うと便利だ。

 まず、エクスプローラを使って、Windowsにインストールしていないフォントファイルをダブルクリックする。ファイルはハードディスクにある必要はなく、CD-ROMなどにあってもよい。このとき「Windows Font Viewer」が起動してフォントサンプルを表示する。この状態でワープロなどのアプリケーションを起動し、書式メニューでフォントの設定を行うと、フォント一覧にこのフォントが表示されるので、これを指定すればよい。画面の表示にも印刷結果にもこのフォントが反映される。

 複数のフォントを利用したければ、それらのフォントファイルを個別にダブルクリックして「Windows Font Viewer」で開いておく。画面への表示あるいは印刷が終了したら「Windows Font Viewer」を閉じてしまえばよい。

 一時的な使用なので、ハードディスクもメモリーも圧迫することはない。もちろん、この作業で保存したドキュメントを後日開いた際に、同じ状態にしない限りは再現されないので注意しよう。


「Windows Font Viewer」でフォントファイルを開いてからワープロを起動しフォントを変更する範囲を選ぶ

フォント一覧にこのフォントが表示される

画面の表示にも印刷結果にもこのフォントが反映される

複数のフォントを利用したければそれらのフォントファイルをすべて「Windows Font Viewer」で開いておく