WindowsXPのHome Editionでは、デフォルトの状態でAdministratorのパスワードが設定されていない。「XPに『Administrator』でログオンする」で紹介したように、HomeEditionの場合はセーフモードで起動しないとAdministratorでログオンできない。このため、ずっとAdministratorのパスワードが設定されていない状態で使っているユーザーも少なくない。これはセキュリティ上問題がある。そこで、コマンドプロンプトを利用して簡単にAdministratorのパスワードを設定する方法を紹介しよう。

 管理権限のあるユーザーでログオンし、スタートメニューから、[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[コマンドプロンプト]を選んで「コマンドプロンプト」ウインドウを開く。ここで、次のコマンドを入力して実行する。

net user Administrator (パスワード)

 「(パスワード)」の部分に「*」を指定すると、パスワードの入力とその確認入力が求められるので、この時点でパスワードを入力する。また、この部分に「/random」を指定すると、Windows XPが適当なパスワードを作ってくれる。


このようにコマンドプロンプトから簡単なコマンドを実行するだけでよい

「(パスワード)」の部分に「*」を指定すると、パスワードの入力とその確認入力が求められる

「(パスワード)」の部分に「/random」を指定すると、Windows XPが適当なパスワードを作ってくれる