Windows起動時にアプリを自動実行したい場合は、「スタートアップ」フォルダに、アプリのショートカットを登録すればよい。購入直後のパソコンは自動実行されるプログラムが多いが、これらを減らしたい場合は、「スタートアップ」フォルダのショートカットを削除すればよいわけだ。

 ただし、ユーザーに影響する「スタートアップ」フォルダは、現在ログオン中のユーザー固有のもの(場所は、C:\Documents and Settings\ユーザー名\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ)と、そのパソコンに登録されたすべてのユーザーに共通なもの(場所は、C:\Documents and Settings\All Users\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ)の2種類がある。そのため、管理が少し面倒だ。

 また、ここに登録されていないプログラムでも、自動実行されるプログラムがある。これらは「スタートアップ」フォルダではなく、レジストリに直接登録されているため、さらに管理がやっかいだ。

 そこで、自動実行するアプリを制御したい場合は、これらを一元管理できる「システム設定ユーティリティ」を利用するのがオススメだ。

 スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選び「msconfig」と入力。「システム設定ユーティリティ」が起動するので、「スタートアップ」タブを選ぶ。

 「場所」という項目に、「Startup」あるいは「Common Startup」と表示されているプログラムは、「スタートアップ」フォルダに登録されたものだ。前者は現在ログオンしているユーザー特有のもの。後者はすべてのユーザーに共通のものだ。

 一方、「場所」に「SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\」などとレジストリキーの位置が表示されているプログラムが、レジストリに登録されたものだ。

 これらの先頭にあるチェックボックスのチェックをオン/オフすれば、簡単にスタートアップ時のプログラムの自動実行を制御できる。登録されたショートカットを削除せず、いつでも元に戻せるのもうれしい。


「ファイル名を指定して実行」を選び、「msconfig」と入力

レジストリに登録された分も含めて、スタートアップ項目が一覧表示される。チェックボックスをオン/オフすることで、自動起動を制御できる