ファイル検索を高速化する手段として、「WinXPの検索を高速化するワザ」で紹介した「インデックスサービス」を利用する方法がある。今回は、これとは別の方法で、さらにファイル検索を高速化してみよう。

 Windows XPでは、Zipファイル(圧縮フォルダ)やCABファイルといった圧縮されたファイルの内部まで検索を行う。これらのファイルはアーカイブとして保存されているため、検索対象にしなくてもよい場合が多い。これらを除外すれば、ファイル検索はその分速くなる。

 ただし、この操作を行うと圧縮フォルダが使えなくなるので注意しよう。なお、WinZipなどのZip形式の圧縮ソフトは、問題なく利用できる。

 Administrator権限でログオンし、スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」を選んで「regsvr32 /u zipfldr.dll」と入力。再度「ファイル名を指定して実行」を選んで、「regsvr32 /u cabview.dll」と入力する。いずれも登録削除のアラートが表示されるので「OK」ボタンをクリックしよう。これで、ファイル検索の際に圧縮ファイルの内部が対象から除外され、その分高速化される。

 なお、元の状態に戻すには、先のコマンドラインから「/u」を除いた、「regsvr32 zipfldr.dll」「regsvr32 cabview.dll」を、それぞれ実行すればよい。


「regsvr32 /u zipfldr.dll」と入力して「Enter」キーを押す

アラートが表示されるので「OK」をクリックする