Windows 2000/XPでは、OSを再起動しなくてもネットワーク設定を変更できる。しかし、いちいちネットワークのプロパティで設定を変更していては、そのメリットを十分生かせない。最近、メーカー製パソコンにはネットワーク切り替えソフトが添付されていることが多いが、同じことはWindows XPの標準機能でも可能だ。

 今回は、コマンドプロンプトから「netsh」コマンドを使って、ワンタッチで設定変更する方法を紹介しよう。

 例えば、自宅と会社でノートPCを使う場合を考える。まずは、自宅用のネットワークの設定にして、Windows XPのコマンドプロンプトを起動、次のようなコマンドを実行する。

netsh -c interface dump > c:\home.txt

 これは、「netsh」コマンドの「interface」オプションで、現在のネットワーク構成を取得。「dump」オプションで出力した情報を、Cドライブ直下の「home.txt」という名前のテキストファイルに保存するスクリプトだ。基本的には、ネットワークのプロパティのTCP/IPの設定に関する部分が保存される。

 続いて、会社用のネットワーク設定に変更して、同様に次のコマンドを実行する。

netsh -c interface dump > c:\office.txt

 それぞれ、home.txt、office.txtというファイルに、自宅と会社のネットワーク設定が保存された。設定を切り替えるには、コマンドプロンプトを起動、切り替えたい設定を記したテキストファイルを指定して、次のコマンドを実行すればよい。

netsh -f c:\home.txt

 いちいちコマンドを入力するのが面倒ならば、バッチファイル化しよう。上のコマンドを記したテキストファイルを用意し、拡張子を.batとして保存すればよい(詳しくはこちら)。保存したファイルをダブルクリックをすれば、自動的にコマンドが実行される。


「netsh -c interface dump > c:\home.txt」を実行してネットワーク設定をテキストファイルに出力

現在のネットワーク設定がテキストファイルに保存される

「netsh -f c:\home.txt」を実行して、テキストファイルに保存された設定を読み込む。バッチファイルにして管理してもよい