スペックの高い高性能のパソコンを使っているはずなのに、いまいちWindows 8を快適に使えている気がしない……。そんなときはちょっとした設定変更で快適度がぐっとアップする方法を試してみよう。最終回になるレッスン5では、Windows 8を快適に使うためのテクニック8個を紹介する。

アニメーション動作を止めて動作をシャキっとさせる

 Windowsを使っていると、気になるのがメニュー表示や画面切り替え時のアニメーション動作だ。特にWindows 8では、スタート画面の切り替えやアプリの起動、チャームの表示など多くの部分がアニメーション動作するため、どんなに高いスペックのパソコンを使っていても体感速度は遅く感じてしまう。こうしたアニメーション動作にイラっときたら、この効果をオフにしてしまおう。

デスクトップ画面で「設定」チャームを開き、「コントロールパネル」を起動する。そして「コンピューターの簡単操作」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
「コンピューターの簡単操作センター」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
表示されたリストの下のほうにある「コンピューターでの作業に集中しやすくします」をクリック
[画像のクリックで拡大表示]
表示されたウインドウで「必要のないアニメーションは無効にします」にチェックを入れて、右下の「適用」をクリック
[画像のクリックで拡大表示]

 アニメーション動作を止めるには、システムのプロパティから設定する方法もある。こちらの方法は、特定の動作を指定してオン・オフが可能だ。

「コントロールパネル」にある「システムとセキュリティ」をクリックして、「システム」をクリック。システムのプロパティを表示したら、左側の「システムの詳細設定」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
「システムのプロパティが表示されたら、「詳細設定」タブをクリックする。そして「パフォーマンス」の部分にある「設定」をクリックする。
[画像のクリックで拡大表示]
「パフォーマンスオプション」が表示されるので、「視覚効果」タブをクリックして開き、アニメーション表示に関する項目についているチェックを外して適用する
[画像のクリックで拡大表示]