新作「ファンタジーライフ」が好調、大型アップデートも発売決定

――想定を上回るペースだったということですか?

日野氏:もうちょっとゆっくりとしたスピードかな、と思っていましたので、予想を上回るものでしたね。そのため、結構なチャンスロスが出てしまいました。ダウンロード販売もありますが、やはり、実際のパッケージが店頭に並んでいた方がいいですよね。

「ファンタジーライフ」
2012年12月発売、ニンテンドー3DS
[画像のクリックで拡大表示]

――同じ時期に発売された任天堂の「とびだせ どうぶつの森」も販売が好調でした。比較されることも多かったのではないですか。

日野氏:プレーしてもらうと分かるのですが、「どうぶつの森」とは楽しみ方の方向性がまったく違うものですね。我々も、もしかしたら、同じようなジャンルの作品だと勘違いされて手に取られる方もいるかもしれない、と予想していましたが、勘違いされた方も含めて、実際にプレーすれば楽しんでいただけると思いますよ。

――セールスランキングでは発売から長い期間、上位をキープしていました。

日野氏:他社の強力タイトルが発売された週もそれほどセールスは落ちず、発売後2カ月くらいは、毎週、好調な売り上げを維持していました。出荷本数は約30万本まで伸びています。

――大型追加コンテンツも発売しますね。

日野氏:ネットワーク機能を強化し、みんなとつながって一緒にプレーできるようになったり、他にも皆さんに喜んでいただけるようなコミュニケーションの仕掛けを考えています。また、新たなクエストが加わったり、レベルキャップが解放されたりと、既にやり込んだユーザーにも楽しんでいただける内容になります。近いうちにお届けできると思いますよ。