長らくビジネス用ブリーフケースはノートPCが入る「A4サイズ」が必須だった。しかしスマートフォン(スマホ)やタブレット端末が普及して「書類はクラウドに上げてスマホやタブレットでブラウズする」スタイルが一般化して以降、iPadが入る「B5サイズ」であれば十分になりつつある。

 つまり、ビジネスに必要な最小限の荷物はスマホと名刺入れとメモ帳、筆記具に予備バッテリーと充電用ケーブル。これにタブレット端末とモバイルwifiルーター、B5かA5サイズのファイルフォルダ、ノート、手帳があれば、たいていの仕事はこなせるわけだ(本格的な書類を作成する場合でも、小型キーボードがあれば良い)。

 この程度の荷物だと従来のビジネスバッグでは大きいし、せっかく荷物がコンパクトになったのにカバンが重くては機動力に欠ける。そういうニーズが増えてきたのか、このところ、小振りのビジネスバッグが増えてきている。

 当たり前だが、カバンは小さくなると軽くなるし、移動中のモノの出し入れなどもスムーズ。歩きながら「iPad mini」を取り出して検索するのも簡単だ。カバンの取っ手を手首に引っ掛ければ両手が使えるし、ショルダーストラップを付けて肩から提げた場合でも歩行中のモノの出し入れがしやすい。

 少し前だとコンパクトで軽いカバンはカジュアルなものしかなかったが、最近は選べるくらいには数がそろってきた。ここでは必要最小限の荷物を収納できるコンパクトなモノから荷物の量に応じて変形するバッグ、薄マチの中に機能を凝縮したショルダーバッグ、とにかく軽いビジネスバッグまで、「タブレット端末さえ入ればOK」というビジネスパーソンに向けたカバンを集めた。ビジネスバッグの新しい流れとして、カバン選びの参考にしていただきたい。

 第1回となる今回は、吉田カバンの注目商品を紹介する。