なぜか報われない人に!『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』

河野英太郎[著]・ディスカバー・トゥエンティワン[刊]・PC/Android 1470円、iOS 1500円、Reader 1470円

 「とにかく仕事がたまる」「上司に良く無視される」「命がけでつくった書類を見てもらえない」こんなことはないだろうか? まじめにやっているのになぜか報われない。

 『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』の著者は、悪い意味で「まじめ」すぎるとパフォーマンスは逆に下がるという。デキる人とは、このまじめの「力のかけかた」を知っていることであり、実は99%の人がしていない、ちょっとした、でも効果絶大な仕事のコツを紹介している。仕事を効率的に進め、着実に目標を達成するための仕事のヒントがわかりやすく説明されており、読後、すぐに実行したくなる。

 東海さん:「ロングセラーになっている本。仕事に悩んでいる人であれば、パフォーマンスが確実にあがる」。

最強指南書! 『エグゼクティブ秘書の「気配り」メモ 相手も自分も心地よくなる47のちょっとした心遣い』

佐藤直子[著]・すばる舎[刊]・PC/Android 887円、iOS 900円、Reader 887円

 察する人の“目のつけどころ”がわかる。日産自動車で社長、会長などの秘書を歴任する著者が、職場で「気配り上手」になるためのコツを解説したのが『エグゼクティブ秘書の「気配り」メモ 相手も自分も心地よくなる47のちょっとした心遣い』

 他部署や外部とのパイプ役を務めたり、担当役員が効率的に仕事をできるように先回りして準備したりする秘書。本書では、上司や同僚、社外の人への気配りの仕方に悩む若手ビジネスパーソンを対象に、秘書歴20年以上のキャリアを持つ著書が職場で「気配り上手」になるためのちょっとしたコツを紹介する。

 東海さん:「女性が書いたビジネス書にもかかわらず、男性に人気が高い本。現在、職場でのコミュニケーションを苦手とする若手社員が増えているという。本書には気配り上手になるためのちょっとしたコツがわかりやすく説明されていて、ビジネスパーソンのためのコミュニケーション術指南書ともいえる」。

極意が満載!『伝える力―「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える! パート1』

池上彰[著]・PHP研究所[刊]・PC/Android 700円、iOS700円、Reader 700円

 仕事のさまざまな場面で求められる、コミュニケーション能力。「伝える」には、「話す」「書く」、そして「聞く」能力が必須。それらによって業績が左右されることも往々にしてある。現代のビジネスパーソンに不可欠な能力といえる「伝える力」をどうやって磨き、高めていったらよいのか。その極意が紹介されている。

 「伝える」ことを考え続けた池上彰キャスターの真髄とも言えるのが『伝える力―「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える! パート1』

 東海さん:「池上彰さんの多くの著書の中でも抜群の売れ行きを誇る1冊。今年パート2が発売された」。

電子版だけにエピローグを特別収録『挑まなければ、得られない―Nothing ventured』

及川卓也[著]・インプレスジャパン[刊]・PC/Android 1100円、iOS 1100円

 世界最先端IT企業の技術責任者として、NHK『プロフェッショナル仕事の流儀』にも出演するなど、今最も注目されるエンジニア、及川卓也さんのブログを書籍化したのが『挑まなければ、得られない―Nothing ventured, not hing gaind』

 震災復興を目指すハッカー集団「Hack For Japan」立ち上げの経緯から、電子書籍の現状を通した「書籍」のあり方の考察、ネットカフェのセキュリティーなど身近な話題まで、盛りだくさんである。現役エンジニアはもちろん、挑戦し続ける最先端にいたいすべての人たちに送りたい1冊。

 東海さん:「東日本大震災以後のトピックスが満載。本書電子版には、書籍版には収録されなかったエピローグを特別収録している」。