『レイトン教授』『イナズマイレブン』『二ノ国』『ダンボール戦機』と、柱となるタイトルを着実に増やしているレベルファイブ。テレビアニメ、マンガ、映画など、コンテンツのクロスメディア展開でも業界をリードする立場となった。
 2012年3月には、グリーとのグローバルにおける包括的業務提携を発表し、ソーシャルゲームにも本格参入する。同社の日野晃博社長に、既存プラットフォームとソーシャルゲームの展開について話を聞いた。
                       (聞き手/中村 均、秦 和俊、写真/イクマ サトシ)

――昨年度は、新型ゲーム機の発売やソーシャルゲームの躍進などが目立ちましたが、ゲームマーケットやユーザーの反応などに変化はありましたか。

レベルファイブ 代表取締役社長/CEO 日野晃博氏

日野晃博氏(以下、日野氏):ファンの方に接したり、ユーザーの方からの声を聞く限りでは、あまり変化を感じないですね。

 ただ、ハードが切り替わることによる戸惑いはあるようです。(メーンとなるプラットフォームは)“ニンテンドー3DS(3DS)でいいの?”、あるいは“これからはプレイステーション・ポータブル(PSP)なの?”といった反応です。我々もPSPで『ダンボール戦機』を出したり、3DSで『イナズマイレブンGO シャイン/ダーク』を出したり、一つに定まっていません。

 昔はニンテンドーDSだけに絞っていましたが、2011年はハードの切り替わりの年で、その過程でいろいろなプラットフォーム向けに出すようになったので、そういう意味ではビジネスがしにくい1年でした。


『ダンボール戦機』
2011年6月16日発売、PSP
[画像のクリックで拡大表示]
『イナズマイレブンGO シャイン/ダーク』
2011年12月15日発売、3DS