デジタル一眼並みの大きさを持つ1.5型CMOSセンサーを搭載し、キヤノンのレンズ一体型コンパクトデジカメで最高画質を目指したという「PowerShot G1 X」。実勢価格は7万1800円前後と、コンパクトデジカメとしてはかなり高めだ
[画像のクリックで拡大表示]

 キヤノンのコンパクトデジカメのフラッグシップ機として登場したのが、2012年3月9日に発売された「PowerShot G1 X」だ。撮像素子は、デジタル一眼で使われるAPS-C型や4/3型に迫る大きさの1.5型CMOSセンサーを搭載し、35mm判換算で28-112mm相当の明るい光学4倍ズームレンズとの組み合わせで高画質を追求した。コンパクトデジカメとして見ればボディーは大柄だが、コンパクトデジカメと同等の使い勝手でデジタル一眼に匹敵する画質の写真が撮れることで注目を集めている。実勢価格は7万1800円前後。

 実写可能な製品が届いたので、注目の画質をいち早くチェックしてみたい。写真は、いずれもJPEG形式で保存したものだ。掲載した拡大画像はすべてオリジナルデータなので、PowerShot G1 Xの実力をじっくり見定めてほしい。


最短撮影距離は、広角側でレンズ前から20cm、望遠側で85cmと、あまり近寄って撮影できない。望遠側にズームさせると、最短撮影距離はさらに延びてしまう。もう一歩近くで撮影できればと思うケースも多く、このカメラの数少ない残念なところだ(ISO250、1/80秒、F5.6)
[画像のクリックで拡大表示]
遠景の建物や梅の木の細かい枝ぶりなど、コンパクトデジカメでは比較的苦手とされる被写体でも、精細感のある描写を見せてくれる(ISO100、1/800秒、F5.0)
[画像のクリックで拡大表示]
※今回のレビューに使用した機材は試作機で、製品版とは異なる可能性があります。