2011年3月11日に発生した東日本大震災は東北地方を中心に多数の被害者を出しただけでなく、安否を気遣う人々のアクセス急増によって固定電話網や携帯電話網にも混乱を引き起こした。いくらかけてもつながらず、家族や友人の安否が心配で不安な時間を過ごした人も多かったことだろう。

 電話網が全くつながらない状態だった一方で、インターネットやケータイパケット網(SMS、MMSは除く)は多くの人が問題なく使えていたという。iPhoneユーザーも「電話やSMSは全くつながらないのに、インターネットメールとパケット通信は問題なく使える」という人は多かったのではないだろうか。

 このような状況を踏まえて、iPhoneにインストールしておきたいのが災害・緊急時に役立つアプリだ。自分の居場所をすぐに伝えられるアプリや、近くの病院やAED(自動体外式除細動器)を調べられるアプリ、緊急地震速報をプッシュ通知してくれるアプリや安否情報を登録できるアプリなど、役立つものがたくさん提供されている。今回はその中から20アプリを厳選して紹介しよう。

 緊急地震速報を非起動時にもプッシュ通知で知らせてくれる
 「ゆれくるコール”for iPhone」──価格: 無料
 iPhoneでも安否情報を登録できる! まずはこれで自分の無事を報告しよう
 「災害用伝言板」──価格: 無料
 定型メッセージと位置情報をTwitterやメールで送信できる
 「i緊急装置」──価格: 無料
 全国のAED(自動体外式除細動器)のありかを地図で確認できる
 「日本全国AEDマップ(無料版)」──価格: 無料
 東京・大阪のFM・AMラジオをネット経由で聴ける 災害時は全国で聴取可能!
 「radiko.jp」──価格: 無料
 NHK災害関連番組をネット放送中! ワンセグなしiPhoneやパソコンで活用したい
 「ニコニコ生放送」──価格: 無料
 全国19局のコミュニティFM放送をネット経由で聴ける
 「コミュニティFM for iPhone」──価格: 無料(通常は350円)
 地図情報だけでなく、周囲の公共施設、病院、ガソリンスタンドなどを探せる
 「Yahoo!地図」──価格: 無料
 ネットに接続できれば、固定電話・ケータイがダメでも通話ができる
 「Skype」──価格: 無料
 天気予報だけでなく地震情報もグラフィカルに確認できる
 「ウェザーニュース タッチ」──価格: 無料
 乗り換え案内だけでなく、近くの病院も検索できる
 「NAVITIME for iPhone」──価格: 無料
 Yahoo!ニュースをオフラインで読める
 「Yahoo!ヘッドライン」──価格: 無料
 速報ニュースを一気にダウンロードしてオフラインで読める
 「共同通信ニュース by 記事蔵」──価格: 無料(通常は3カ月分350円)
 新聞朝刊を隅から隅まで読める 緊急時には夕刊対応も!
 「産経新聞」──価格: 無料
 近くの病院・クリニックを検索できる
 「口コミ 病院検索 QLife - 全国約17万病院掲載」──価格: 無料
 処方薬や市販薬の情報を検索し、お薬手帳を作れるアプリ
 「総合お薬検索 QLife - 処方薬 & 市販薬 約17000種を掲載」──価格: 無料
 マイミク(mixi友達)の現況がすぐに分かる
 「ちょこっとmixi Free」──価格: 無料
 自分や友だちの近況を相互に確認できる“世界標準”コミュニティーアプリ
 「Facebook」──価格: 無料
 今、周りでは何が起きている? ご近所ツイートも探せる高機能Twitterアプリ
 「Twitbird free for Twitter」──価格: 無料
 駅や路線別にツイートを検索できる“口コミ”情報活用アプリ
 「ツブエキ」──価格: 無料(通常は230円)