有料放送を快適に楽しむなら「録画テレビ」がベスト!

 テレビで有料放送を楽しんでいる人、薄型テレビを購入したら有料放送を楽しみたいという人のためのテレビ選びを考えてみよう。

 「WOWOWやスター・チャンネルなどを視聴するだけでなく“録画”もして存分に楽しみたい」という人なら、テレビ選びには大きなポイントがある。それは「外付けBDレコーダーを買うのではなく、録画機能内蔵のテレビを買った方が快適」ということだ。

 「予算が足りないので、とりあえず録画機能非搭載のテレビを買って、お金が貯まったらレコーダーを買えばいい」と思っている人は要注意。ちょっと奮発して録画テレビを選んだ方が幸せになれるかもしれない。

 その理由は単純で、録画テレビなら「B-CASカード」の管理が簡単だからだ。ご存じの通り、デジタル放送はB-CASカードなしでは視聴できない。有料放送はB-CASカード単位で契約され、有料放送の暗号解除も契約したB-CASカード単位で行われる。つまり、テレビやレコーダーに有料契約したB-CASカードを挿さないと有料放送が見られない仕組みなのだ。

 B-CASカードの番号と契約がなされるため、有料契約したB-CASカードを持っていれば、友人の家などでも有料放送が見られるというメリットもある。だが、有料契約したB-CASカードは1枚しかない点が問題となるのである。

赤いB-CASカードは地デジ/BS/CSの3波に対応し、青いカードは地デジ専用となっている。そのほか、小型の地デジ専用miniB-CASカードやCATV専用カードなど、いくつかのタイプがある。本来はデジタルBS/CSの有料放送の管理のために作られた「条件付きの受信システム(CAS:Conditional Access System)カード」なので、WOWOWなどの有料契約はB-CASカード単位になる。B-CAS制度の是非については別の機会に譲るが、有料放送のためのB-CASカードが無料の地デジまで管理を広げているのは本来の目的を逸れていると筆者は思う(画像クリックで拡大)