日経トレンディ

 2010月9月4日発売「日経トレンディ10月号」東北新幹線や九州新幹線の延伸、全線開通で導入される最新車両や、観光列車、環境に配慮した最新型のハイブリッド列車を紹介した特集「変貌する新幹線&特急」を掲載している。

 そのなかで、最新車両を手がけたデザイナーに、鉄道の現在と未来について話を聞いた。今回掲載するのは、ファッションから工業製品まで幅広いジャンルのデザインを手がける山本寛斎氏だ。

 寛斎氏は今年7月、都内と成田空港を結ぶ新路線「成田スカイアクセス」を走行する、在来線としては日本最速となる時速160kmで走る新型スカイライナーの車両デザインを手がけた。

プロデューサー・デザイナーの山本寛斎氏。74年から92年までパリ、ニューヨークコレクションに参加。近年はプロデューサーとして、モスクワ(93年)、ベトナム(95年)、インド(97年)などでスーパー・イベントを開催。2000年からは国内でも岐阜(00年)、山口きらら博(01年)、日本武道館「アボルダージュ」(04年)、「愛・地球博」開幕イベント(05年)、東京ドーム「KANSAI SUPER SHOW 太陽の船」(07年)を開催。今年11月20~21日には、有明コロシアムにて「KANSAI SUPER SHOW 七人の侍」を開催予定(画像クリックで拡大)