8月にリニューアルされた和歌山電鉄貴志川線貴志駅の「たま駅舎」。ステンドグラスの目が光り、耳などもあるネコ形の駅舎だ

記事へ戻る(ページを閉じる)

今回はこれらの最新車両を手がけたデザイナーに、鉄道デザインの現在と未来について話を聞いた。初回に掲載するのは、ドーンデザイン研究所代表の水戸岡鋭治氏。