兵庫

神戸元町辰屋「神戸ビーフ焼肉 極上」5040円(400g)

「肉を食らう!」感覚がたまらない、黒毛和牛の最高牛肉

(画像クリックで拡大)

 神戸牛、神戸肉、神戸ビーフは、兵庫県北部の但馬地方から淡路島まで兵庫県内で生まれ育った「兵庫県産(但馬牛(たじまうし))」の中から選ばれたもので、品種で言えば黒毛和牛。兵庫県内の熟練した農家が、めぐまれた環境、良質の水、高度な肥育技術を駆使し、一頭一頭に細やかな愛情を注ぎ込んでつくり出した黒毛和牛の最高牛肉だ。

 明治時代から100年以上も続く「辰屋」は神戸ビーフの専門店として信頼が厚く、4代目店主もすでにこの道30年、安心して相談できるプロだ。ゆえに、ここでなら本当においしい神戸ビーフに出会えると、評判が高い。

 「神戸ビーフ焼肉 極上」は、やわらかな赤身の肉ならではのしっかりした味わいが堪能できる。いわゆる霜降り肉のような「とろける食感」ではないが、「肉を食らう!」という確かな実感が楽しめる。とはいえ、神戸牛ならではの「見えないサシ」と呼ばれる細かな霜降りが入っているので、やわらかさも味わえるというわけだ。

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

 よりおいしく食べるなら、焼く前に常温に戻すのがポイントで、30分前くらいだとなお良い。焼き始めて表面にうっすら肉汁が浮いてきたらひっくり返すタイミング。そして、ひっくり返すのは一度だけにし、焼きすぎにはくれぐれもご注意を。最初の一口は、神戸牛の上質な味がよくわかる、塩・こしょうのみのシンプルな味付けで。

 また、夏に特に試したいのが、肉料理のために開発されたポン酢「玉ねぎポン酢(別売り:200ml 630円)」だ。市販の焼肉のタレは味が強く、神戸牛の旨味を損なうこともときにはあるが、こちらは淡路島産の玉ねぎを使用し、酸味と甘味のバランスも絶妙で肉の味を十分に引き立ててくれる。

 さらに味の変化球を求めるなら、わさびをちょっとつけるのもお勧めだ。

店舗名
神戸元町辰屋
価格
5040円(400g)
問い合わせ
TEL 078-331-3016
URL
http://www.kobebeef.co.jp/
商品詳細