折り畳み傘なのに、開くと直径140cm!
シューズセレクション「特大三つ折り70cm折りたたみ傘」

シューズセレクション「特大三つ折り70cm折りたたみ傘」(1050円)。購入に関してはこちら(画像クリックで拡大)

 収納時は長さ28cmだが、開くと直径140cmにもなる折り畳み傘。これだけの大きさがあると、長傘はほとんどいらないというか、そこらの長傘よりも大きい。荷物が多いときなどに、心強い味方になってくれるだろう。カラーバリエーションは6色、しかも、黒、茶、ベージュ、紺、青、深緑とシックな色合いが揃っている。

 実際に使用してみると、傘が大きいというのは本当に頼れるのだ。2人で入ることもできるし、雨足が強い時でも濡れずにすむ。生地には特殊加工が施されていて、撥水性能はなかなかのもの。開閉もスムーズだし、ワンシーズンで使いつぶすつもりで使うなら、ベストチョイスといえる。大きいわりに重さも312gと軽量だし、カバンに入れっぱなしでもさほど邪魔にはならない。

 ただ、これだけの大きさで価格も手ごろだからか骨が多少弱いようだし、大きい傘は基本的に強い風に弱いので、注意が必要。また、風以外の大きさによるデメリットとしては収納時に巻く布が大きく、きれいに収納するにはコツが必要ということくらいか。あと、グリップが小さいので、使用時にはストラップを手首に巻いておいたほうが安全だ。

 いろいろ探してみたが、折り畳み傘で直径140cmというのは最大級だろう。100cmでも大人の男性が余裕で入るサイズであることを考えると、140cmの大きさが分かる。この傘を始め、シューズセレクションの傘は、さまざまなネットショップやセレクトショップが扱っていて、入手が簡単なのも魅力だ。

畳んだ状態でも、布部分が大きく広い。この広さが傘の大きさになるのだが、これだけ広いと畳む時にやや面倒ではある(画像クリックで拡大)

グリップは小さめで、手の中に握り込んで使うタイプ。やや安定性に欠けるので、ストラップを手首に巻いて使うべし(画像クリックで拡大)

開くと、やはり大きい。ポリエステル100%の布はやや薄手で、全体にあまり強靭さはないが、撥水性能は高く、長持ちする(画像クリックで拡大)

骨は細く、柄も細い。だからこそ軽いのだけど、あまり強くはなさそう(画像クリックで拡大)

手動で開閉するタイプ。大きさのわりに開閉はスムーズ(画像クリックで拡大)