年末商戦も本格化し、家電量販店などの店頭を賑わしている録画テレビ。もちろんどの製品も簡単に録画できることをウリにしているが、前編で解説した通り「HDD記録タイプ」「BD記録タイプ」「増設タイプ」といった形でメディアが多様化している。さらに一歩進んで、メーカーごとに操作性の高さやメディアへの保存といった付加価値を付け始めている。

 今回はメーカー別、シリーズ別の特徴をあらためて解説した上で、他社の製品と比べてどんなアドバンテージを持っているのかに注目して紹介していこう。

(文/折原 一也)

HDD内蔵のスタンダードモデル「VIERA Rシリーズ」を展開するパナソニック

記事を読む

HDD内蔵・増設でバリエーション豊富な東芝「REGZAシリーズ」

記事を読む

ほぼ全機種で録画対応 リムーバブルHDD「iVDR-S」採用の日立「Woooシリーズ」

記事を読む

BDドライブ内蔵 VHSのような感覚で直接録画できるシャープ「AQUOS DXシリーズ」

記事を読む

HDDもBDも“オールインワン”の三菱電機「REAL BHR300シリーズ」

記事を読む