クオバディスは、今では手帳の基本フォーマットになっている、見開き1週間バーチカル型のレイアウトを開発したメーカー。正方形のフォルムの「エグゼクティブ」をはじめとした、ヨーロッパらしい独特のデザインセンスでも人気を博している。日本ではクリエイターから人気が出たこともあって、オシャレな手帳のイメージがあるが、そのコンセプトはビジネス支援ツールであり、世界中のビジネスパーソンに愛用されている。

 見開き1週間バーチカル型に、さまざまな機能を集約。同じレイアウトで、さまざまなサイズ、判型の手帳がそろっている。その中で、16cm四方の正方形判型の「エグゼクティブ」、文庫本の判型の「ビジネス」がベストセラーだ。また1週間バーチカル型以外にも、1カ月見開きブロック型の安価で手軽に使える「ビソプラン」、縦開き見開き2週間バーチカル型という、ちょっと変わった「バイプランニング」、1日1ページのバーチカル型「ABP1」「ABP2」、24時間対応の「H24/24」など、そのレイアウトは多彩。

 今回は、その豊富なラインアップから、「エグゼクティブ」に新しい機能を追加した新製品の「タイムアンドライフ」、大定番であり最も使われているバーチカル型の「ビジネス」、クオバディスの全製品で出荷数ナンバーワンの「ビソプラン」、大判のデスクダイアリーとして世界のビジネスマンが愛用する「トリノート」を取り上げる。さらに、少し変わった小型の手帳2種も併せて紹介する。