レクサスLFA(画像クリックで拡大)

 トヨタ自動車は2009年10月21日、V10エンジン搭載の2シータースポーツ「レクサス LFA」を発表。東京モーターショー2009の会場にプロトタイプを出展した。

 LFAはレクサスブランドのプレミアムスポーツを示す「F」の頂点に立つクルマ。小型軽量化した新開発の4.8L V10エンジンを、フロントミッドシップに搭載して後輪を駆動。最高出力412kW(560PS)/8700rpm、最大トルク480Nm(48.9kgm)を発揮する。

(画像クリックで拡大)

 トランスミッションは2ペダル式MTの6速ASGで、エンジンと分割してリア側に配置するトランスアクスル方式を採用。ラジエーターや電動ファンをボディー後部に配置し、前後重量配分をフロント48:リア52に設定している。

 ボディーサイズは全長4505×全幅1895×全高1220mm、ホイールベース2605mm。車両重量は1480kgで、ボディーの基本骨格にはカーボン繊維強化プラスチックを使用し、同形状のアルミボディーに比べて100kgの軽量化を実現している。最高速度は325km/h、0-100km/h加速はわずか3.7秒だ。

 LFAの販売台数は全世界で500台限定、国内での希望小売価格は3750万円程度。09年10月21日から購入希望受付を開始し、10年春ごろに購入者を決定。生産期間は10年12月~12年12月と発表されている。

(文/柳 竹彦=日経トレンディネット)

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)