JR東日本が発行する電子マネー「Suica」。タッチするだけで改札を通過できるので、使っている人も多いはずだ。このSuica、当初は乗車券代わりに利用するICカードとして導入され、その後2003年から電子マネーサービスを開始した。2009年9月末時点の発行枚数は2735万枚。JR東日本の各駅での乗車時に利用できるほか、同じく交通系の電子マネー「PASMO」と相互利用が可能。首都圏の主要な地下鉄、私鉄、バスなどでも使える。またJR各社が発行する電子マネーとの相互利用にも対応しているので、SuicaでJR西日本、JR東海、JR北海道の各駅の改札も通過できる。

 買い物でも、駅構内のショップに加えて、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフなどのコンビニやイオングループの店舗が導入済み(※)。現時点では、約7万530店でSuicaが使える。JR東日本は今年7月に、SuicaとPASMOの1カ月当たりの電子マネー利用件数が4000万件を突破したと発表している。

 ここまで利用環境が整ってきたSuica。何気なく乗車券代わりに使っているだけではもったいない。お得な使い方を紹介していこう。

Suicaが使えるお店は増えている。身近なお店が対応しているかはここから検索できる

※Suicaが使えるコンビニなどの詳細
ローソン:関東甲信越、東北エリア
ファミリーマート:首都圏、仙台市内・新潟市内の全店、盛岡市内の一部の店舗
ミニストップ:関東甲信越・東北・中部エリアの店舗
スリーエフ:首都圏の店舗
イオングループ:関東甲信越・東北・中部エリアのジャスコ、サティ、マックスバリュなどの店舗