マルチパーパス・6シーター・ハイブリッドカー、SKYDECK(画像クリックで拡大)

 本田技研工業は東京モーターショー2009に、3列シート6人乗りでハイブリッドシステム搭載のコンセプトカー「SKYDECK(スカイデッキ)」を出展する。

 SKYDECKはコンパクトな低床低重心ボディーに、大きくスライドする薄型シートを装備して、フレキシブルに使える室内空間を提案している。ハイブリッドシステムのバッテリーと電力制御回路ユニットをセンタートンネルに収納して、低くフラットなフロアを実現した。

ボディーサイズはホンダの現行「ストリーム」よりやや大きめ(画像クリックで拡大)

 フロントマスクは、同時出展のコンセプトカー「CR-Z CONCEPT 2009」と共通イメージのもの。フロントノーズからルーフまで滑らかにつなげたワンモーションフォルムで、ガラス製ルーフを採用して全方位に視界が広がるデザインにした。

 ボディーサイズは全長4620×全幅1750×全高1500mm、ホイールベースは2885mmで、同社のミニバン「ストリーム」の4570×1695×1545mm、ホイールベース2740mmよりもやや大きい。ドアは前がガルウイング、後ろがスライドタイプだ。

CR-Z CONCEPT 2009と共通イメージのフロントマスク(画像クリックで拡大)

ボディーサイドに回り込んだテールランプなど、リアのデザインもCR-Zに通じるものがある(画像クリックで拡大)

前がガルウイング、後ろのスライドのドアは電動で開閉する(画像クリックで拡大)